川でのバーベキューをスムーズに進めるには?当日の手順

BBQデイキャンプのはじめ方

今日は川でのバーベキュー当日。

初めてだと1日の流れがわからず、バタバタとしがち。

この記事では、バーベキュー当日の一連の流れを注意点なども交えながら解説していきます。

せっかくのバーベキュー、スムーズに進めるためにも是非参考にしてみて下さいね。

道具の準備

楽しみにしていたバーベキューで、忘れ物があってはいけませんよね。

こちらの記事で、バーベキューに必要な持ち物について詳しく解説しています。

持ち物の最終確認は忘れずに行うようにしましょう。

場所の確保

さて、バーベキュー当日。

まずは、場所の確保です。

川でのバーベキューは、どこでも自由にやっていいわけではありません。

目的の川の河川敷ではバーベキューができるのか、事前にしっかり調べておきましょう。

自治体によっては、許可申請が必要な場合もありますよ。

荷物の搬入

場所が決まったら、荷物の搬入です。

車をバーベキューをする場所まで乗り入れることができるかどうかで、大変さがかなり変わってきます。

もしも、別の場所に駐車場があるパターンなら、荷物を運びやすいよう台車やキャリーを用意しておきましょう。

こまごまとしたものは、大きめのリュックなどにまとめておくと、両手が空いて便利です。

タープの設置

荷物の運び込みが終わったら、次はタープの設置。

突然の雨や紫外線対策という意味でも、タープはあった方が快適に過ごすことができます。

こちらの記事でタープの選び方について解説していますので、参考にしてみて下さい。

火起こし・下準備

タープの設置ができたら、火起こしです。

もし食材の下準備があるなら、二手に分かれるとスムーズです。

火起こしは慣れないうちは手間取ることが多いです。

野菜のカットなどの食材の下準備は自宅でもできる部分なので、極力済ませてきた方が当日楽です。

楽しむ!

火が起こせたら、思いっきりバーベキューを楽しんで下さい!

炭火で食べるお肉はやっぱり美味しいですよね。

家ではなかなか炭火を使えないと思うので、存分に味わいましょう^^

肉や野菜を焼くだけでも十分美味しいですが、一捻りしたメニューにも挑戦してみたいという方はこちらも参考にしてみて下さい。

きっと、いつものバーベキューがたちまち豪華になりますよ。

食材の残量を見ながら炭の量を調整

皆の胃袋が満たされてきたら、そろそろ片付けのことを考え始めて下さい。

大きな炭がたくさん残ると処理に困るので、残りの食材を確認しつつ、炭の量を調整しておきます。

帰る頃には、できれば炭は燃え切った状態にしておきたいところ。

もしそれでも炭が燃え残ってしまった場合は、火消しつぼを使うと炭の再利用ができます。

火がついた状態でも、火消しつぼに入れて蓋をして密閉しておけば、やがて燃焼が止まります。

忘れ物・ゴミのチェック

片付けが終わったら、忘れ物やゴミが落ちていないかのチェックをしましょう。

川でのバーベキューは、ゴミの放置が特に問題視されます。

環境保護の面や、皆が気持ちよく利用していくためにも、ルールやマナーを守ったバーベキューを心がけましょう。

まとめ

以上、バーベキュー当日の流れについてざっと解説しました。

大体の流れはイメージできたでしょうか?

バーベキュー会場やキャンプ場で行うバーベキューであれば、忘れ物をしても会場で調達できたり、片付けや準備などももっと楽かもしれません。

しかしプライベート感のある場所などでゆったりと楽しみたいという方は、事前の段取りをしておくことが大切です。

しっかりと準備をし、楽しいバーベキューの思い出を作って下さいね。

タイトルとURLをコピーしました