キャンプに必要な道具の選び方〜ランタン編〜

キャンプ

キャンプサイトの夜を明るく優しい光で照らしてくれるランタン。

家の蛍光灯とは違う温かみのある優しい光を放ってくれます。

現在、ランタンは多種多様な商品が販売されています。

設置方法もテーブルに置くタイプからつる下げる物までありデザインもさまざま。

本記事では、ランタンの基本の選び方とポイント、必要性についてご紹介します。

キャンプにランタンは必要?いくつあれば良いの?

アウトドア用品の中では、比較的お値段が高めのランタン。

買うのを躊躇してしまっている方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、キャンプ場には基本電灯が無いので夜は真っ黒。暗闇で過ごすのは至難の業と言えるでしょう。ランタンは省略せずに、しっかりと準備する必要があります。

基本的には、

  • キャンプサイト全体
  • テーブル
  • テント内

以上の3つの場面ごとのランタンがあれば十分です。

後ほど詳しく解説いたしますが、キャンプサイト用には全体を明るく照らすもの、テーブル用には置き型の物、テント内では電池やLEDタイプ……などと用途に分けて準備するのがベストです。

燃料のタイプで選ぶ

ランタンは燃料の種類によって大きく分類することができます。

ランタンの燃料は、主に、

  1. ガソリン
  2. ガス
  3. 灯油
  4. 電池(LED)

が挙げられます。

各燃料の特徴の他、デメリットについても紹介します。

①ガソリン式

昔からのキャンパーに根強い人気なのがガソリン式のランタン。

「シューと言う燃焼音がたまらない!」という方も多いです。

光量が多く安定しているのもガソリン式の特徴です。

ガソリンランタンの使用にはマントルの設置が必要になります。

初心者には扱いが難しそうですが、コツをつかめば簡単に点火可能です。

ただし、給油や後始末にやや手間がかかるのがややデメリットとなります。

②ガス式

最初に購入するならこちらのガス式がおすすめです。

ガス式は、点火も消火も手軽にできるのが特徴になります。また燃料がなくなったらガスカードリッジ付け替えるだけでOKですので、初心者にも扱いやすいのが魅力的です。

大型であればキャンプサイト照らすメインランタンとして活躍も。

デメリットは、寒い場所では光量が安定しないのと、燃料コストが高いことです。

③灯油式

灯油式ランタンはガソリン式・ガス式の中でも燃料コストが圧倒的に低いです。

また、灯油式ランタンには2つのタイプがあり

  • 加圧式
  • フェアーハンド式

の2種類があります。

加圧式

加圧式の特徴はキャンプサイトを明るく照らし出してくれるその光量。また、灯油を使用していることもあり、ストーブのように暖かいです。

ただし、ポンピングやプレヒートなど点火までにいくつかの段階を踏む必要がある上に定期的なメンテナンスを怠るとうまく着火しないなど初心者には少し扱いが難しいと言えます。

フェアーハンド式

フェアーハンド式は、仕組みとしてはアルコールランプと同じようなもので、灯油を芯で吸い上げ、それを直接燃焼するタイプです。

全体を明るく照らすような光量はありませんが、燃焼時間がとても長いです。

灯油ランプの明かりにはリラックス効果もあると言われています。キャンプの雰囲気を十分に味わいたい人にもおすすめです。

電池(LED)

手軽で安全性が高いのが電池やLEDの特徴。

特にお子さん連れでのキャンプには、テーブルの上やテント近くで倒れても安全な電池タイプがイチオシです。

デメリットは光量が弱いものが多いことですが、最近では大光量のLEDタイプの物も販売されています。

明かりを取り外せるタイプもありますので、夜に離れたトイレに行くときなど、懐中電灯代わりにも。スイッチ一つで明るくなる手軽さも長所です。

また、ソーラー式のタイプは、テント内を照らすのに最適。

こちらのタイプは非常にコンパクトかつ軽量でとてもおすすめです。

使用場所で選ぶ

最初に述べましたように、キャンプで必要なランタンは、テントサイト、テーブル、テント内の3つのシーンで分かれます。

シーンごとにもう少し詳しく解説していきます。

テントサイト

テントサイト全体を照らしたいという時にはガソリン式灯油加圧式のものが光量が多いです。

さらにテントサイトでは長時間の使用が予想されるので、燃料タンクの大きいタイプなどの燃焼時間が長いものが良いでしょう。

ランタンスタンドやタープのポールに吊り下げれば広い範囲を照らしてくれます。200W以上が目安です。両脇に2つ設置するなどしても良いですね。

テーブルや調理場

ガス式電池タイプは小型の製品も多いので、料理や食事の時に調理場やテーブルの上を照らすのにもおすすめ。大人数であれば小型の卓上ランタンを2つ用意しても良いですね。

明るすぎると虫が寄ってくるので、程よい明るさの100W以内のランタンがベストです。

ランタンで手元を照らしたい場合は光を片方に集中させましょう。アルミホイルを被せれば簡易反射板として利用できます。ただし、被せる時は手袋を忘れずに、火傷などしないよう気を付けて下さい。

テント内や車内

テントや車内で使用したいときには、万が一ランタンを倒しても安全な電池やLEDの物を選びましょう。お子さんが触って火傷する心配も無いので安心です。

ガソリンやガス式のランタンは、一酸化中毒や火事の危険があるので避けましょう。

明るさで選ぶ

先にも述べたように、光量が強いのはガソリン式灯油加圧式のもの。ガス・電池やLEDタイプも大型の物であれば光量が強いです。

最近では、LEDも光量が高いものが販売されていて、昔と違い燃料の種類による明るさの差は埋まりつつあります。

サイト全体を照らす時は200W食事の時は100W前後と切り分けて選びましょう。

メンテナンス性で選ぶ

メンテナンス性に優れているのは、何といっても電池(LED)

電池や充電だけで手軽に明かりを確保でき、メンテナンスもほぼ不要。表面が油などで汚れたときにウエットティッシュでふき取る程度でOKです。

対して、ガソリン式はメンテナンスが必要です。使い終わった後はガソリンが残っている場合は使い切るか戻すかしないと錆びの原因にも。

ガス式はガソリン式に比べてメンテナンスは楽ですが、ガソリン式と同様に、マントルが破れた場合は交換する必要があります。

また灯油加圧式も噴射口にススが溜まったりパーツの劣化など、常にメンテナンスをする必要があります。

初心者や自身の無い方は避けた方が無難でしょう。

燃料以外にランタンには何が必要?

最後に、燃料以外にも必要なものや、あると便利なグッズを順番にご紹介していきます。

マントル

液体燃料系のランタンで必要になります。

マントルは、ガラス繊維を網状にした袋でできています。

このガラス繊維を燃やして発光体に変質させて使用します。

また破損したマントルを使用し続けるのは事故の元です。マントルは消耗品ですので、必ず交換するようにしましょう。

現地で破れてしまった物の代わりとしていくつか替えを用意しておくのも良いですね。マントル自体はリーズナブルな価格で購入することができます。

ランタンスタンド

サイトにランタンを吊るす場合に必須のランタンスタンド。テントサイトから少し離れた場所に設置すれば虫対策にも。

一般的には使いやすい三脚タイプが人気ですが、設置する為にはある程度のスペースが必要。最近では、一本足の一脚タイプも人気です。

一脚タイプは地面に埋め込んで使用するので、狭いスペースでも利用可能です。足を引っかけて転ぶ心配が少なく万が一の事故を防ぎます。ただし、地面が固い場所では設置に苦労する場合も。

また、ランタンを吊り下げる時には落下に注意して下さい。「ランタンをうっかり落として壊してしまった」という話もよく聞きます。

ランタンハンガー

テントやタープのポール、樹木にランタンを引っかけるランタンハンガー。

上記ランタンスタンドに比べてコンパクトかつ低価格なのも魅力的。最近は百円ショップでも見かけるようになりました。

一度使えば「もう手放せない!」という方も多いです。

また、ランタンハンガーをかける予定のポールの直径はあらかじめ調べておきましょう。

ランタンだけでなく荷物を吊るしたり、ネットに洗った食器を入れて乾かしたりも使い方は色々。

ただし、重さによっては吊るすとポールが倒れてしまうことがあるのでご注意ください。

失敗のないランタン選びを!

以上、いかがでしたでしょうか?

暗闇の中を明るく照らすランタン。

電灯に囲まれている普段の生活では味わえない非日常の空間を感じられます。

是非、自身のキャンプスタイルにあった長く使えるランタンをご検討ください。

タイトルとURLをコピーしました