軽いのに優れもの!ソフトクーラーボックス「AO Coolers」が便利!

キャンプ

バーベキューやキャンプに欠かせないアイテムの一つがクーラーボックス。

「最強のソフトクーラーボックス」と名高い「AO Coolers(エーオークーラーズ)」は、保冷力の高さはもちろん、軽量&高機能な上、豊富なデザインでアウトドアだけでなく普段使いもできる優れものです。

そんなAO Coolersの魅力をご紹介します。

AO Coolersの商品が気になっている方、新しいソフトクーラーボックスをご検討の方、ぜひご参考ください。

商品特徴

まずは「AO Coolersって何?」という方へ商品の特徴をご紹介します。

AO Coolersは、1990年にアメリカで生まれた商品で、元々は『American Outdoors Coolers』という名前でした。

実は販売当初はお肉や魚を販売している業者向けに作られた製品で、ソフトクーラーボックスとは思えない強力な保冷効果があり「一般販売して欲しい!!」という強い要望に応え、世界中で販売されるようになりました。

「おすすめソフトクーラーボックス」のランキングにも必ず上位にエントリーされる商品です。

AO Coolersの商品にはたくさんの種類があります。

  • キャンパス生地で持ち運びも便利な「CANVAS Series(キャンバスシリーズ)」
  • 大容量の「DELUXE Series(デラックスシリーズ)」
  • リュック型の「BACK PACK Series(バックパックシリーズ)」など…

私が購入したのは、AO Coolersといえばコレ!という定番商品。

「キャンバスシリーズ(USA限定版)」です。

一見、普通のバックのように見えるデザインをしています。

ちなみに、キャンバスシリーズであっても定番モデルとUSA限定生産モデルがあります。

両者とも機能面の違いはありませんが、細部のバーツの位置が違い、USA限定カラーもあります。

2020年限定色などもあるので「他の人と色被りをしたくない!」という方にもおすすめです。

AO Coolersのおすすめポイント&デメリット

ではいよいよAO Coolersのおすすめポイントとちょっと残念だった部分についてレビューしていきます。

おすすめポイント

まずは、おすすめポイントをご紹介します。

ソフトクーラーボックスなのに保冷力が高い!

一般的にソフトクーラーボックスはハードタイプよりも保冷力が劣ると言われています。

しかし、AO Coolersは保冷力がバツグンで食材の鮮度を落としません。

ソフトクーラーボックスにも関わらず強力な保冷力が実現できるのは、厚みは19mmの5層構造のお陰です。

耐久性に優れていて結露しない構造になっているので、収納したドリンクの水分が漏れ出る心配もありません。

12パックは使い勝手が良い

キャンパスシリーズのサイズ展開は幅広く、「6パック/0.9kg」「12パック/2.2kg」「24パック/6.3kg」「36パック/9kg」「48パック/11.3kg」とあります。

大きさの目安は350ml缶の数+氷の量になります。

私が購入したのは12パックなので、350ml缶12本と2.2kgの氷が入る容量のものです。

このパック容量の目安が若干分かりづらいのですが、12パックですと11リットル分の容量になります。

大体2人用の食材を入れるのに十分な大きさです。

2リットルのペットボトルも横にすれば収納可能です。

写真では少しサイズが分かりにくいかもしれませんが、12パックの大きさは縦30cm×横36cm×奥行18cmサイズです。

1人のソロキャンプや2人には十分ですし、もし3人以上であればドリンク専用クーラーにするのにも最適な大きさです。

また横に付いているサイドバックルを取り外すことで、高さを変更することができます。

普段はトート型、背の高いものを入れたいときはバックルを閉めてボックス型と形状を切り替える事が可能です。

【トート型】

【ボックス型】

軽量&斜め掛け可能で持ち運びがラク

12パックサイズの重さは907g。

大体リンゴ3個分の重さで非常に軽量です。

また側面にはファスナーポケットも付いているので、ちょっとした荷物を入れるのにも便利です。

他にもショルダーフックが付いているので、斜め掛けも可能!これはかなり便利です。

荷物が満杯のときに使うと肩を痛めそうになるので行きは手で持って、帰り中身が軽くなったらショルダー型にしても良いですね。

ショルダーフックは取り外し可能なので不要な時も邪魔になりませんよ。

手入れが簡単

続いてのポイントはお手入れについてです。

中のライナー部分を引っ張れるので、内面が汚れた時に乾かすのが非常にラクです。

元々の材質がナイロンとポリエステルで作られているので水はけがよく、泥汚れもサッと拭くだけで落とすことができます。

ライナー箇所はウォーターベットと同じ素材とのことで安心感もあります。

オシャレなデザインでアウトドア以外でも使える

一昔前はクーラーボックスと言うと水色と白のシンプルデザインのハード型が主流でしたが、AO Coolersは普段使いできる程オシャレなデザインです。

運動会や海水浴、買い物、コストコなどで大量に買い物したい時にも使えます。

特に今はエコバック持参での買い物が当たり前なので、冷凍食品や冷たい飲み物を買ったときに使うこともでき便利です。

ファスナーで開け閉めがしやすい

AO Coolersのメリットの一つに開閉箇所がファスナーという点。

ハードタイプのクーラーボックスですと開閉部を大きく開かなければいけないので、冷気が逃げやすいです。

しかしAO Coolersは開け閉めがファスナーになっているので、必要な大きさだけ開けばOKです。

冷気が漏れにくい構造になっています。

またテント内の狭い場所でも気軽に開けられることもでき、子供でも簡単に開閉できます。

デメリット

次に、残念だった点についてお伝えしていきます。

そうは言っても真夏には保冷力がやや不安

最後にAO Coolersの残念なポイントをお伝えします。

「最強のソフトクーラー!」と名高いAO Coolersですが、30℃を超える真夏キャンプとなると保冷力に不安があります。

ハードクーラーと併用した方が良いかもしれませんしたり、直射日光の当たらない木陰に置いたりするなどの工夫が必要になりそうです。

重ねるときには要注意

ハードクーラーボックスは、箱型なので上に物を置いたり出来ましたが、ソフトクーラーボックスは柔らかいので椅子やテーブル代わりにすることができません。

上に柔らかい食材を収納した場合は、特に潰さないように注意が必要です。

ただ前述したようにハードクーラーボックスと併用することで、この問題も解決されます。

まとめ

以上、AO Coolersを紹介させて頂きました。

重くて場所も取るハードタイプのクーラーボックスよりも、軽量&省スペースで保冷力も高いソフトタイプが良い!という方にぴったりの高性能のクーラーボックスです。

おすすめポイントは以下の6点。

  • ソフトクーラーボックスなのに保冷力が高い
  • 12パックは使い勝手が良い
  • 軽量&斜め掛け可能で持ち運びがラク
  • 手入れが簡単
  • オシャレなデザインでアウトドア以外でも使える
  • ファスナーで開け閉めがしやすい

デメリットは2点。

  • 真夏には保冷力がやや不安
  • 重ねるときには要注意

私が購入したのは12パックですが、家族で使うなら大きめの24パックもおすすめです。

ただその分重みがありかさばるので、12パック2つ持ちもアリだと思います。

また、人気&限定カラーはすぐに売り切れてしまいますので、欲しい色がある方は早めの購入を強くおすすめします。

自分に合う、ぴったりのクーラーボックスを見つけてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました